ニート予備軍のゴミ箱

ポケモンについて考察

バトルロードグロリア本戦使用構築

 

f:id:zeen34lan:20170509234755g:plainf:id:zeen34lan:20170509235206g:plainf:id:zeen34lan:20170509234431g:plain

f:id:zeen34lan:20170509235205g:plainf:id:zeen34lan:20170627000235g:plainf:id:zeen34lan:20170627000138g:plain

 

 

 

 

 

 

- はじめに

今回の関東グロリア本戦はマッチ戦ということで不利な構築でも負けないようなPTパワーが高いスタンを選択しました。

- 構築経緯
色々な構築を回しているうちに半分回復の実手助けウインディエスパーZカプ・テテフの選出が強いと感じ構築の軸として決めました。
この2匹できついと思われるウツロイドガブリアスカプ・テテフに強い枠としてテッカグヤ
早いポケモンでスタンに入る一番強いポケモンとして命の珠カプ・コケコを採用しました。
ここまでで少しきついガブリアス、追い風PTへの切り替えしができるポリゴン2を入れました。
この5匹まではしっくり来たのですがラスト1枠にベトベトンに強い、相手のトリルアタッカーに負けないポケモンが求められていたので封印ベトベトンを入れましたが、相手のギガイアスがとてもきつい、雨、晴れPTへの勝率が余り良くなかったので最終的にギガイアスを採用しました。
ギガイアスの採用と共に相手のカビゴンで詰む問題が生じてしまったのでカプ・コケコの命の珠をこだわりメガネエレキボール型に変えてこの構築は完成しました。

- 個別解説
ウインディ いじっぱり 188-44-4-0-188-84  実数値(189-149-101-X-124-126) フィラのみ
いのちのたま 補正込みC252振り カプ・テテフサイコキネシスが160-188
こだわりメガネ 無補正 カプ・コケコのフィールド補正込み10まんボルトが135-160(71.4%-84.6%)
いのちのたま 無補正 カプ・コケコのフィールド補正込み10まんボルトが118-140(62.4% ~ 74%)
無補正 カプ・コケコの10万ボルトZが175-207
ウインディフレアドライブでHB252無補正カプ・テテフが79-94
最速61族(テッカグヤ)抜き抜き
フレアドライブ てだすけ おにび まもる

HとDに耐久を割いたウインディです。ウインディカプ・テテフ選出をする場合相手のカプ・テテフと対面した場合最低限の仕事ができないといけないのでD振り配分。デンキZ耐えまで振ってもよかったのですがフレアドライブ+フィールド無し10万ボルトで相手のHB控えめ眼鏡テテフを処理する場合があるのでそれの乱数幅を上げるためにA振り。
半分回復実の採用理由は相手の攻撃を受けてこちらのフレアドライブの反動でいい感じに回復するのが強いと思ったのでフィラの実。
コンセプトであるてだすけ+エスパーZをするためにてだすけ。
温存したり相手のZ技を受ける場面が出てくるためまもる。
相手のカプ・コケコがボルトチェンジを使用した場合交代で出てくるガブリアスの機能停止を図ったり威嚇を食らっても腐らない用におにび。
おにびの枠はしんそくだったのですがげべぼさんが前日のラストチャレンジ予選で使っていたのを見てBO3だと外して負けたとしても次の試合がある点が強いと感じ採用しました。

カプ・テテフ おくびょう 12-0-36-204-4-252(147-X-100-176-136-161) エスパーZ
無補正A252振りカミツルギの1段階下降スマートホーンを 122-146
無補正A252振り ガブリアスの1段階下降じしんZを123-145
カプ・テテフのフィールド(てだすけ)サイコキネシスZでH252D4カプ・レヒレが172-204 乱数1発 (87.5%)
カプ・テテフのフィールドてだすけサイコキネシスZでD補正H244D164(wolfeが使っていた配分)が175-207 乱数1発 (50%)
カプ・テテフのフィールドサイコキネシスでH0D0カプコケコが142-168  乱数1発 (87.5%)
カプ・テテフのフィールドてだすけサイコキネシスZでH0D0カプ・コケコが 409-483 (守った場合102-120)
カプ・テテフのフィールドてだすけサイコキネシスZでH0D4カプ・テテフが 143-168 乱数1発 (87.5%)
カプ・テテフのダブルダメージマジカルシャインで63-75 43.4%-51.7%
カプ・テテフのダブルダメージてだすけマジカルシャインでH0D0ガブリアスが168-200 乱数1発 (50%)

サイコキネシス マジカルシャイン ちょうはつ まもる

構築の軸であるカプ・テテフ。カプ・コケコに対面で有利である点から採用。
エスパーZの採用理由は守られなかった場合確定で1発落とすことが出来、エスパーZを受けることが不可能であるという点から採用。
最速である理由は準速のウインディウツロイドカプ・テテフに対して上を取りたいから最速にしました。
てだすけエスパーZはフィールドをとってきたカプ・レヒレウインディをワンパンすることが可能な点を評価しています。
適当に削りたいときに打てる全体技のマジカルシャインバルジーナのような低速追い風構築やカビゴン、ポリゴン2の変化技を止めたり、相手に守らせないで高火力技を確実に当てるプレイングが強いと思い、挑発を採用。

カプ・コケコ おくびょう 0-0-0-252-4-252 (145-X-105-147-96-200)こだわりメガネ
カプ・コケコのフィールドこだわりメガネ エレキボール(150ダメージ)でH4D4(236-131)カビゴンが213-252 90.2%-106.7%
カプ・コケコのフィールドこだわりメガネ エレキボール(150ダメージ)でH252D12ギガイアスが183-216 乱数1発 (75%)
カプ・コケコのフィールド(てだすけ)こだわりメガネ ボルトチェンジでH252D4カプ・レヒレが174-206 乱数1発 (87.5%)
カプ・コケコのフィールドてだすけこだわりメガネ 10まんボルトでH0D0カプ・コケコが132-156 乱数1発 (43.8%)
カプ・コケコのフィールドてだすけこだわりメガネ 10まんボルトでH252D4カプ・テテフが186-219 
カプ・コケコのこだわりメガネ 10まんボルトでH252D4カプ・テテフが84-99(前述したフレアドライブ+こだわりメガネ10まんボルトでよい乱数で死ぬ)
カプ・コケコのこだわりメガネてだすけ ダブルダメージマジカルシャインでH28D156(カプ・テテフの臆病ムーンフォース耐え)ガブリアスが: 176ー210 乱数1発 (68.8%)

10まんボルト エレキボール ボルトチェンジ マジカルシャイン 

こだわりメガネカプ・コケコです。元々命の珠カプ・コケコを使用していたのですが、あまりにもカビゴンが重いのでメガネエレキボールで処理を図ろうと考えてメガネにしましました。
メガネにした利点としてはてだすけいのちのたまマジカルシャインだと無振りガブリアスが乱数になりますが、メガネてだすけマジカルシャインだと確定になったりフィールド込みボルトチェンジカプ・レヒレをワンパンできるようになりました。
今回カプ・コケコを採用した理由としては、カプ・コケコというポケモンは相手の処理プランがあらかじめわかっている場合交代でケア出来る点がとてもマッチ向きだと考え採用しました。
実際相手のガブリアスの持ち物がジメンZだった場合は初手から選出しやすくなったりスカーフだった場合はガブリアスと対面したら速攻で引くことでケアできるとても強いポケモンだと思いました。

テッカグヤ いじっぱり 212-148-4-0-68-76 (199-154-124-114-130-91)ソクノのみ
無補正 カプ・コケコのフィールド10まんボルトデンキZがソクノのみ込みで 168-198
補正込み ギガイアスストーンエッジイワZが 168-198
+1テッカグヤのヘビーボンバーでH0B0カプ・コケコが150-177
テッカグヤのヘビーボンバーでH0B4ガブリアスが91-108(高乱数で死ぬ)
テッカグヤのヘビーボンバーでH252B4ギガイアスが 96-114

ヘビーボンバー かえんほうしゃ ワイドガード まもる

ビーストブーストでAが上がるテッカグヤです。
1度Aが上がってしまえばてだすけヘビーボンバーでガブリアスをワンパンしにいくムーブができるのが強いと思いました。
カミツルギへの打点としてのかえんほうしゃ、高打点技のヘビーボンバー、相手のカプ・レヒレのこだわりメガネだくりゅうやガブリアスこだわりスカーフじしん、いわなだれを意識したワイドガード、縛り解除のまもるで完結。
PT全体でカプ・コケコが重いのでソクノのみ。
ジメンZを受けに行ったりカプ・テテフの攻撃を受けに行くことができ、相手の交換を誘うことができるとても強いポケモンだと思いました。

ポリゴン2 のんき 244-0-236-4-20-0(S0個体)(191-X-154-126-118-80)
アナライズ しんかのきせき
+2無補正ガブリアスのジメンZが160-189 
無補正カプ・テテフサイコキネシスZが153-180
ポリゴン2のトライアタックでH0D0カプ・コケコが60-72
トライアタック れいとうビーム じこさいせい トリックルーム

アナライズポリゴン2です。相手のガブリアスを意識して2段階上昇ジメンZを耐える配分。アナライズである利点はアナライズが発動すれば相手のガブリアスを確実に処理でき、トリックルーム下でもギガイアスいわなだれれいとうビームを合わせれば倒せる点が強いと思い特性アナライズで採用。
トライアタックの採用理由は主にカプ・コケコを意識した採用でトライアタック+ギガイアスのじしんでカプ・コケコを処理することが出来、アナライズが発動した場合確定2発で処理することができます。
じこさいせいは相手の物理ポケモンを積ませるために採用。後述するギガイアスのどくどくとのシナジーを考えた採用。
トリックルームは相手の追い風PTに対してや相手の純正トリックルームに対して打つ技。あまり打たないですがないと困る場面が予想されるため採用。

ギガイアス ゆうかん 236-156-20-92-4 (SV個体)(190-192-153-80-112-41)
すなあらし ウイのみ
無補正カプ・テテフのフィールドサイコキネシスZが160-190 乱数1発(6.3%)
-1無補正ガブリアスのジメンZが162-192  乱数1発 (6.3%)
ギガイアスのダブルダメージじしんでカプ・コケコが102-122 
最遅オニシズクモ抜かれ

ウイのみギガイアスです。一般的なギガイアスはイワZを採用していますが、PTの軸であるカプ・テテフと同時選出をする場合が多いのでZ以外のアイテムで考えて、相手の技に対して受けだしをすることが多いので半分回復の実を採用。
一致打点で困ったら打てる技としていわなだれ、相手のウツロイドジバコイルトゲデマルがどうしても重く、前述したポリゴン2のトライアタックとじしんでカプ・コケコを処理するプランが取れるのでじしんを採用。
どくどくは相手ののろいカビゴンやポリゴン2に詰められることが多かったので採用しました。
ポリゴン2の再生と毒で詰めるプランをとることが可能です。

メジャーな構築に対する選出と立ち回り

特に選出を決めていなくて柔軟な選出ができるのがこのPTの強みだと思っています。
選出するときに考えていたことについては
相手のPTにウツロイドがいたら後発にテッカグヤギガイアスを置いたり、ガブリアスがいたら地震が一貫しないように裏にテッカグヤを置くか初手にポリゴン2を出す、カプ・テテフがいたらできる限りテッカグヤを選出する。ギガイアス入りにはギガイアスを合わせる、カビゴン入りにはカプ・コケコを選出する、程度でしょうか。
先発はウインディカプ・コケコ、ウインディカプ・テテフカプ・テテフテッカグヤ、ポリゴン2カプ・テテフが多かったと思います。
雨PTにはギガイアスカプ・コケコもしくは裏選出を読みに行きます。
ギガイアスとポリゴン2はギガイアスの技構成がトリックルームをしたところで制圧できる技構成、持ち物ではないので余りセットで出さずに単品で出す場合が多かったです。

立ち回りはカプ・テテフを選出する場合はサイコキネシスZをうまく当てられるかという点が重要だと思っています。
相手のPTにベトベトンがいる場合とかは初手隣が守りながらベトベトン引きが予想されるのであえてマジカルシャインを打ったりテッカグヤが裏にいると予想をして安易にサイコキネシスZをウインディ方向とかに打たないとかを意識します。
ウインディのおにびはカプ・コケコのボルトチェンジが予想できる場合交代先に出てくるであろう物理ポケモンに対して効果的に機能することが多いので積極的に読んでいきます


- 印象に残った試合の立ち回り解説
配信台で写ったりょうこん選手との試合の解説をさせていただきます。

りょうこん選手のPT
ウインディ ガブリアス カプ・コケコ カプ・テテフ テッカグヤ カミツルギ

選出段階で考えていたことは鋼2枚+ガブリアスが入っているのでポリゴン2+ギガイアスの選出では崩しにくいと考えました。
ギガイアスは選出しない方向で考えてポリゴン2が相手のガブリアス以外にはあまり強くないのでどうしてもポリゴン2を出さないといけない場合以外は出さない方針で考えました。
相手としてはこちらのPTはガブリアスの通りがいいとわかるのでガブリアステッカグヤに強い駒を用意したいはずなのでウインディorカプ・コケコ、カプ・テテフに強い駒を用意したいので鋼2枚の内1枚が選出されることは予想出来ていて、ウインディテッカグヤがPT内にいるので相手の選出としてカミツルギを選出する優先順位が低そうだと考えました。
この場合こちらのPTに対して有利な選出はカプ・テテフウインディ、カプ・コケコガブリアス、カプ・コケコウインディのどれかだと考えカプ・コケコウインディ先発テッカグヤカプ・テテフ後発と決めました。

1試合目

1T カプ・コケコ ウインディ 対面カプ・テテフ ガブリアス


特性順はカプ・コケコ→カプ・テテフウインディ 
こちらのウインディのSが126なので相手のカプ・テテフこだわりスカーフではなく、HBこだわりメガネでもないと考えました。
こちらから予想できる一般的な選択肢としてはマジカルシャイン+てだすけ、ウインディテッカグヤに引きながらカプ・コケコはまもる、10まんボルトZ+てだすけが予想できる。
ガブリアスこだわりスカーフだった場合相手としてはカプ・テテフがまもる+じしんを打つことによりこちらの2匹が大きく削らされてしまい、そのターンにガブリアスを処理出来なかった場合カプ・テテフ交代テッカグヤからガブリアスのじしんを打たれることでこちらが常に不利な盤面になってしまうためてだすけ+マジカルシャインを選択しました。
相手側としてはカプ・テテフを動かしてしまうとこちらのカプ・コケコがボルトチェンジを使用してカプ・コケコを削ることができず、フィールドが張り替えられてしまう、カプ・テテフ方向へ電気技を打つ選択肢もこちらにはあるのでテッカグヤ交代は出来ないと考えまもると予想しました。

相手の選択はカプ・テテフまもる ガブリアスはじならしを選択して、ガブリアスを7割程度削りました。
この時点で相手のガブリアスとつげきチョッキをもったじならし持ちだと判明し、相手側はダメージ量からこだわりメガネ持ちのカプ・コケコ、ウインディとつげきチョッキ、こだわりはちまきを持っていないとわかりました。

2T
ガブリアスがどくづきをカプ・コケコ方向、カプ・テテフウインディサイコキネシスを選択されるとこちらは2匹を失うかつ、裏のテッカグヤカプ・テテフだと相手のテッカグヤの処理が困難なのでカプ・コケコは引きながらウインディは守るを選択しました。

相手の選択はカプ・テテフサイコキネシスウインディ方向+ガブリアスウインディに交代してきました。
こちらのテッカグヤの交代が予想でき、カプ・コケコがこだわりメガネだとわかっていたためガブリアスを交代し、ウインディが突っ張ったとしても処理できるであろうサイコキネシスを選択だと思います。

3T
上手く合わせられてしまったが、カプ・テテフウインディガブリアスという選出からカプ・テテフの一貫性を切るために裏がテッカグヤが濃厚だとわかり、
このターンにウインディを切りながらカプ・テテフを召喚できればテッカグヤカプ・テテフで両方縛れている状態ができるので、テッカグヤは守る+ウインディカプ・テテフ方向にフレアドライブを選択
相手の選択はてだすけ+サイコキネシスを選択しウインディを処理。
ウインディがてだすけを所持していることを確認出来たのでエスパーZで縛ることが可能だとわかりました。

4T
こちらの死に出しからカプ・テテフ

前述したカプ・テテフエスパーZ+ヘビーボンバーで縛ることは一見可能ですが、相手もそれを理解していると考えるとウインディはまもるorエスパーZをガブリアスで受けに来るだろうと考えました。
カプ・テテフは裏のカプ・コケコのフィールドを書き替えるために温存するために引くことも考えられましたが、万が一突っ張ってきてカプ・テテフを削られるとあまりよろしくないのでヘビーボンバーを選択。

相手の選択はカプ・テテフテッカグヤに交代、ウインディはまもる

守る読みが通ってガッツポーズをしたものの裏からテッカグヤが出てきてなんとも言えない感情に。
たべのこしが発動せず、半減の実か半分回復木の実を予想しました。


5T
相手はここでウインディを失ってしまうとテッカグヤの処理が困難だと考え、ウインディがどちらかに引いてエスパー技を受けてヘビーボンバーをカプ・テテフ方向だと考え、カプ・テテフはまもる、テッカグヤはカプ・コケコに引きました。
ウインディに突っ張られた場合負けな盤面でしたが、ガブリアスとつげきチョッキを持っている、ウインディがてだすけ持ち等の情報が割れているため、
この試合は落としてもよいと判断しました。
相手の選択はテッカグヤテッカグヤ方向にかえんほうしゃウインディカプ・テテフに交代。

6T
10まんボルト+何かの集中攻撃でどちらかが落ちる場面。こちらの負け筋はカプ・コケコを失ってテッカグヤが突破できないという点が負け筋だと考えていて、相手がカプ・コケコに集中攻撃をしたと考えてこちらのカプ・コケコが10まんボルトをテッカグヤカプ・テテフマジカルシャインを選択していた場合こちらのテッカグヤの処理が面倒くさくなるのでテッカグヤは守り、カプ・テテフはカプ・コケコへの攻撃を予想した動き。

相手の選択はまもる+カプ・テテフを動かす。

7T
相手の死に出しからガブリアス

ウインディしんそくでカプ・コケコを縛ってくると考えていたが、予想とは違ったガブリアスを出してきましたた。
テッカグヤ方向への10まんボルトは後ろのウインディで受けてしまうとこちらのカプ・テテフの攻撃の圏内に入ってしまうので絶対通ると思って10まんボルトをテッカグヤ方向、サイコキネシスだとHP量的に耐えられる可能性が高かったのでマジカルシャインを選択。
相手のガブリアスがじならし+とつげきチョッキであったので最速ではなく準速カプ・テテフ抜き程度まで抑えている可能性もあったためこの選択。
逆にテッカグヤウインディに交代、ガブリアスがカプ・コケコを殴ってきた場合最速だったら負けだったのでこの選択が正解択だと思っていました。

相手の選択はワイドガード+じならし

予想した通りガブリアスカプ・テテフより遅く、テッカグヤが半減の木の実を所持していました。
サイコキネシスでは足りなさそう、マジカルシャインを前のターンに打っていてムーンフォースを切っているという読みからワイドガードを選択していて、地ならしを受けてしまい上手くやられたといった感じでした。

8T
後ろにウインディがいてカプ・テテフのSが下がってしまった以上どうしようもない盤面になってしまったのでこの後のターンは相手の情報を割ろうと考えていました。

割りたい情報としてはじならしを食らった状態でカプ・テテフテッカグヤを抜いているか、相手のテッカグヤのビーストブーストでどのステータスが上がるか、という情報を割りに行きました。
相手の選択は炎のキバ+かえんほうしゃテッカグヤ方向。
りょうこん選手はビーストブーストで何が上がるのかを隠したかったのであえてカプ・テテフを処理しなかったのでしょう。
相手のガブリアス→自分のカプ・テテフ→相手のテッカグヤ→自分のテッカグヤの順番で動いたのでSラインは102辺り(S-2減少でカプ・コケコが抜けるライン)に設定していると考えました。
ほのおのキバの所持からドラゴンクロー、じならし、じしん、ほのおのキバという技構成を想定してどくづきは切っていると考えました。


9T~10T
負け確なので時間を使って次の試合のことを考えていました。

2試合目
相手はガブリアスカプ・テテフ選出で有利に立ちまわっていたためガブリアスカプ・テテフ、後発テッカグヤ+相手のテッカグヤを見れるウインディorカプ・コケコが選出されると考えました。

相手のガブリアスカプ・テテフ選出に対して出し勝つことができる先発はテッカグヤカプ・テテフだと考えて、後発はこちらのカプ・テテフに有利が取れるテッカグヤに有利であるウインディ、相手の先ほどの選出が電気の一貫性が高かったのでカプ・コケコを選出しました。

1T
テッカグヤ カプ・テテフ 対面 ガブリアス カプ・テテフ
予想通りカプ・テテフガブリアス 
特性順はこちらのカプ・テテフが先に発動していて、前の試合でもこちらのカプ・テテフが6T目に先に動いていたので準速であると判断しました。

相手のガブリアスがチョッキであるためサイコキネシスとヘビーボンバーの集中で交代されたとしてもアドバンテージが取れる、こちらのテッカグヤがいることにより相手のカプ・テテフが動かしにくいはずなので守るorテッカグヤ交代を考えてカプ・テテフを狙いませんでした。

相手の選択はカプ・テテフエスパーZ+ガブリアスがほのおのキバをテッカグヤ方向に集中
1試合目でまもるじならしの動きを見せているのでカプ・テテフは動かないであろう、1試合目でテッカグヤが耐久にがっつり振っていないと判断したので集中攻撃で落とせると考えた選択だと思います。
さめはだダメージ込みで自主退場してくれたのでとてもやりやすかったです。
ガブリアスには9割ほどのダメージ。

2T
こちら死に出しからカプ・コケコ
一見マジカルシャイン+10まんボルトをカプ・テテフ方向が安定択に見えますが、相手もそれがわかっているのでガブリアス方向からウインディorテッカグヤを出してカプ・テテフがまもるを使用したのちうまい具合にサイコフィールド下でカプ・テテフテッカグヤを並べられるとこちらの負けになるのでそれを読んでガブリアス方向に10まんボルトガブリアスが交代しなかった時の保険にマジカルシャイン
カプ・テテフが突っ張って攻撃してきたとしてもエレキフィールド下なのでどちらも死なないと判断して動かしました。

相手の選択はガブリアスウインディに交代してカプ・テテフはまもる。
ウインディが9割ほど削れてオボンのみが発動し、マジカルシャインウインディに微量ダメージ

3T
エスパーZを消費したカプ・テテフを集中攻撃する理由が余りなく、むしろウインディに地ならし等の技を打たれると困るのでウインディサイコキネシスは確定、こちらのカプ・テテフの攻撃の圏内に入れたかったので10まんボルトをカプ・テテフ方向。

相手の選択はウインディがてだすけ カプ・テテフがカプ・コケコ方向にサイコキネシス
ミリ耐えしましたが、カプ・コケコを失ったところで特に問題はないと思っていました。


4T
相手死に出しからテッカグヤ

なんとしてでもカプ・テテフを倒したかったのでカプ・テテフ方向にサイコキネシス、カプ・コケコは10まんボルトのこだわり状態を解除したかった+威嚇でテッカグヤの攻撃を耐えようと思ったのでウインディに交換しましたが、そもそもテッカグヤが僕が使っているようなAが上がるいじっぱりの個体だった場合威嚇込みでも乱数で死ぬのでここのプレイングはプレミだったと思います。
正解択は10まんボルトをテッカグヤ方向、カプ・テテフはまもるを選択すれば通った場合ウインディフレアドライブ圏内に入り、まもられてカプ・コケコが処理された場合エスパーZ+フレアドライブを打つことによりテッカグヤが交代した場合はエスパーZがガブリアスに通ってフレアドライブが隣のカプ・テテフに通り、テッカグヤVSウインディカプ・テテフの対面になります。
仮にテッカグヤガブリアスに交代して10まんボルトを受けられた場合はマジカルシャインで両縛りしているのでこれが正解だと思います。

相手の選択はカプ・テテフは動かし、テッカグヤはヘビーボンバー急所でカプ・テテフを処理、Aが上がる。


5T
死に出しで相手はガブリアスこちらはウインディ

マジカルシャイン フレアドライブガブリアス方向へ安定択です。ワイドガードを打たれたとしてもフレアドライブガブリアスを処理してしまえば相手のテッカグヤの型がこちらのウインディを突破できない型なので安定択でした。
無駄にうまぶって10まんボルトを打っていますがリスクを考えるとマジカルシャインでよかったと思います。

相手の選択はテッカグヤワイドガード ガブリアスいわなだれ

いわなだれを打たれるも怯まず動きガブリアスを処理

6T~
ウインディテッカグヤ対面になりゲームセット

3試合目

2試合目の選出がテッカグヤカプ・テテフだったので対抗できる選出として、カプ・コケコカミツルギ選出を予想してウインディカプ・テテフ先発、ポリゴン2ギガイアスを選出する意味を特に感じなかったので後発はテッカグヤウインディにしました。

1T

カプ・テテフ ウインディ 対面カプ・コケコ ウインディ

特性順はカプ・コケコ→カプ・テテフ→相手のウインディ→自分のウインディ

選出予想を外したが、先発カプ・コケコにカプ・テテフを合わせることができたのでまあ悪くない盤面だと思いました。

裏はガブリアスが選出されていると考えて残りはカプ・テテフの一貫を切るためにテッカグヤだと予想しました。
ここまで選出されなかったということの意味を考えると持ち物はデンキZだと考えててだすけデンキZでカプ・テテフが処理される場合やこだわりメガネボルトチェンジカプ・テテフを削りながらガブリアスを出されると困るのカプ・テテフはまもる、ウインディフレアドライブカプ・テテフマジカルシャイン圏内に入れたかったのでカプ・コケコ方向にフレアドライブ

相手の選択はてだすけデンキZをカプ・テテフ方向に

こちらの思惑通りZ技を守りカプ・コケコを4割程度削ることに成功しました。

2T
フィールドを取っていて持ち物がないカプ・コケコを攻撃する理由が特になく、ウインディテッカグヤに交代されても良いダメージが
入るのでエスパーZてだすけサイコキネシスウインディ方向に打ちました。

相手の選択はウインディまもる カプ・コケコはガブリアスへ交代
貫通ダメージが急所に入ったのでサイコキネシス圏内に入ったのでかなり有利な盤面に

3T
前のターンにウインディがまもるを使用したのでじしん(じならし)が打てる盤面ではないのでサイコキネシスを受ける+じしんを打つ盤面を作るためにウインディテッカグヤに引いてくると考えこちらもテッカグヤを合わせようと考えて炎技が打たれないであろうウインディ方向からテッカグヤに交代し、カプ・コケコのてだすけマジカルシャイン圏内に入れたかったのでサイコキネシスガブリアス方向へ

相手の選択はガブリアスがじならし ウインディテッカグヤへ交代

4T
1試合目でじならしを受けたカプ・テテフテッカグヤを抜いていたので相手のガブリアスカプ・テテフを倒す動きであるじしんを打ってくると予想でき、カプ・テテフを残したところで相手のカプ・コケコに縛られてしまうのでカプ・テテフを切りながらテッカグヤガブリアスをヘビーボンバーで攻撃。


相手の選択はガブリアス じしん テッカグヤこちらのテッカグヤかえんほうしゃ 4割ほど削る 

こちらのテッカグヤのヘビーボンバーでガブリアスを4割ほど削る


5T
こちら死に出しカプ・コケコ
カプ・コケコを出すことでワイドガード+10まんボルトとボルトチェンジマジカルシャインを匂わせる動きをして、相手の後手後手の動きを図りたかったのでコケコを即交代してテッカグヤがヘビーボンバーでガブリアスを処理する動き。

相手の選択はガブリアスがほのおのキバ ヘビーボンバーをカプ・コケコ方向に集中
ビーストブーストでテッカグヤのAが上昇

6T
相手の死に出しカプ・コケコ
相手の残ったポケモンを考えるとウインディテッカグヤなのでこちらのウインディの処理はカプ・コケコでしないといけないと考えるとウインディを処理する動きをしてくると考えてまもる、テッカグヤはソクノのみなので10まんボルトを耐えるし、倒されたとしてもカプ・コケコを召喚することができ、ウインディはカプ・コケコの持ち物無し10まんボルトは耐えるのでヘビーボンバー 

結果10まんボルトをウインディ方向、テッカグヤウインディに交代

相手がテッカグヤがビーストブーストした能力を勘違いしたため威嚇でケアをしようと考えた動きだったがそのままカプ・コケコを処理

7T~
相手のテッカグヤやどりぎのタネを切っていて、ウインディを処理する動きが困難なのでこちらはテッカグヤorウインディのどちらかを切りながらカプ・コケコで処理すればよいので適度に攻撃をしゲームセット。

 

- 総括

今回はバトルロードグロリア3位、PTをパクったげべぼさんがベスト16に入ったという構築ビルダーとしては上出来な成績を収めることができました。
今回使ったスタンPTは立ち回り依存度が高いが使いこなせれば一級品だと考えているので是非参考にしてみてください。

 

実績レート2052→1900台まで下降、バトルロードグロリア2017 3位

関東グロリア+第2回関東リージョナル使用構築

f:id:zeen34lan:20170509235211g:plainf:id:zeen34lan:20170509235217g:plainf:id:zeen34lan:20170509234755g:plain

 

f:id:zeen34lan:20170509234431g:plain    f:id:zeen34lan:20170509235206g:plain   f:id:zeen34lan:20170509235205g:plain

ポケモン 技1 技2 技3 技4 もちもの
ステータス 特性
備考
プテラ いわなだれ フリーフォール うちおとす おいかぜ きあいのタスキ
ようき 155-157(252)-85-*-96(4)-200(252) プレッシャー

   スカーフ判別考慮のプレッシャー

ガブリアス   じしん  ドラゴンクロー つるぎのまい   まもる  ジメンZ
いじっぱり  207(188)-187(156)-119(28)-*-112(52)-133(84)   さめはだ
 パメラ配分のカミツルギのクサZ(A92振り)を最高乱数以外耐え、無補正カプ・テテフムーンフォースを確定耐え、追い風下最速109族スカーフ抜き お得と感じる補正箇所11n

 カプ・テテフ

サイコキネシス   ムーンフォース 10まんボルト  まもる   いのちのたま
 ひかえめ 145-*-95-200(252)-136(4)-147(252)  サイコメイカー
 
テッカグヤ ヘビーボンバー  かえんほうしゃ  やどりぎのタネ  まもる  オッカのみ 
しんちょう 204(252)-125(28)-124(4)-114-143(68)-101(156) ビーストブースト 
 H252振りカプ・テテフを確定1発、無振りフェローチェをヘビーボンバーで最高乱数以外確定1発、追い風下で130族抜き、お得と感じる補正箇所11n
 ポリゴン2 れいとうビーム  10まんボルト   じこさいせい  トリックルーム しんかのきせき 
ひかえめ 191(244)-*-128(140)-143(36)-126(84)-81(4) ダウンロード 

 無振りガブリアスを確定1発、無補正252振りカミツルギのカクトウZを確定耐え、無補正252振りカミツルギせいなるつるぎ+無補正252振りカプ・コケコのフィールド下いのちのたま10まんボルトを確定耐え、補正あり252振りウインディインファイト+無補正252振りカミツルギせいなるつるぎをどっちか最高乱数を引かない場合耐え、お得と感じる補正箇所11n

 ギガイアス いわなだれ   ストーンエッジ ワイドガード  まもる  イワZ 
ゆうかん 191(244)-205(252)-150-*-102(12)-27 (最遅個体) すなあらし 
 

 

【構築経緯】
追い風飛行タイプ+ガブリアスに注目し、その場合障害となるテッカグヤに対してうちおとす+ジメンZで処理できるプテラというポケモンに注目した。
追い風下で最強カプだと思っているいのちのたまカプ・テテフ、補完や詰ませ性能、何よりガブリアスと並んだ時に強いテッカグヤまですんなり決まった。
この4体だときつい相手のトリックルーム、雨、ギャラドスに対して強いポケモンが求められた。
ポリゴン2はガブリアスに圧倒的に強く、展開性能が高く、おいかぜPTミラーで有利になる強いポケモンだと思っているためすんなり決まり、これだと雨+カミツルギカプ・コケコがきつい、ポリゴン2を出す場合の制圧力の低さが気になりオニシズクモを採用したが、雨PTにいるゴルダックカミツルギにあまり強くなく、カプ・コケコに弱すぎるためギガイアスを採用することにした。

【個別解説】

f:id:zeen34lan:20170509235912p:plainプテラ

いわなだれ フリーフォール うちおとす おいかぜ きあいのタスキ プレッシャー

ようき 155-157(252)-85-*-96(4)-200(252)

 


 削り役、カプ・コケコに対して最悪同速に勝てさえすればおいかぜを使用することが出来る点、相手としてもプテラは処理するタイミングをミスるとフリーフォール等でこちらが有利な展開に持っていける点が強いと思いました。

フリーフォール+つるぎのまい+ジメンZの動きや応用としてフリーフォールでカミツルギを持ち上げて裏からテッカグヤを出して落ちてきた所を火炎放射で処理してBBを発動させ、後ろのカプ・テテフギガイアスを通す動きや、障害となるポケモンをフリーフォール+いのちのたまサイコキネシスで倒して他で詰める動きが強いと思いました。

 

f:id:zeen34lan:20170510000322p:plainガブリアス

じしん ドラゴンクロー つるぎのまい まもる ジメンZ さめはだ

いじっぱり  207(188)-187(156)-119(28)-*-112(52)-133(84)
 
 耐久に振ったガブリアスです。今回のルールのガブリアスは最速かSを落として耐久に振った型が強いと感じていて、今回のPTはおいかぜPTなのでSを落とした耐久振りにしました。
後述するカプ・テテフより遅いことでムーンフォースカビゴンを4割削ったのちジメンZで処理する動きが出来る。
初手プテラガブリアスと出した場合ポリゴン2のCが上がらないBD振り分け。
ドラゴンクローは相手の浮いてるポケモンオニシズクモガブリアスを意識した採用。
ほのおのキバはテッカグヤへの打点となりえますが別にこいつでテッカグヤを相手する必要性を感じられなかったので不採用。
さめはだである理由は不確定の避けであるすながくれよりカミツルギきあいのタスキやさめはだダメージ+ドラゴンクローでガブリアスを処理する動きをするからです。
個人的に不確定要素の避けより有効的に働く特性の方を評価しているため。

避けたい人はすながくれでもいいと思いますが。

レート後期はこちらのうちおとす+ジメンZギミックを知っている人が多すぎたのでテッカグヤへの交代読みで例としてはウインディと対面した場合にテッカグヤ交代読みうちおとすジメンZを集中してテッカグヤを処理してカプ・テテフを通す動きをしていました。

 

f:id:zeen34lan:20170510000321p:plainカプ・テテフ 

サイコキネシス ムーンフォース 10まんボルト まもる いのちのたま

 ひかえめ 145-*-95-200(252)-136(4)-147(252)

 先発に出してカプ・コケコにフィールドを張らせない動き、後発から追い風下で高火力アタッカーとして殴るのが単純に強いと感じていました。

テッカグヤギャラドスへの打点である10まんボルト、一致でフィールド補正が乗るサイコキネシス、一致打点でガブリアスの迅速処理、バルジーナへの打点としてムーンフォースで完結。

おいかぜ下で打ち分けられ火力が求められていたので、持ち物はいのちのたまで使用しました。
配分は自分のガブリアスのS+1の耐久振りも試してみましたがそもそもおいかぜ下で出すカプ・テテフが攻撃を食らう想定は余りしていなくて追い風が切れた後や追い風を張らない選出をした場合ウインディに上を取られて処理される動きが弱いと感じたので準速で使用。

 

f:id:zeen34lan:20170510000320p:plainテッカグヤ

ヘビーボンバー かえんほうしゃ やどりぎのタネ まもる オッカのみ

しんちょう 204(252)-125(28)-124(4)-114-143(68)-101(156)

 

 テッカグヤで積ませる動き、このPTで処理が難しい相手のカプ・テテフカミツルギを確定で処理できるところが強いと考えています。
Sは追い風下でカプ・コケコを抜けるライン、トリックルーム下でカプ・レヒレカプ・テテフを抜くことができる絶妙なSだと考えています。
とにかく追い風下のガブリアステッカグヤトリックルーム下のギガイアステッカグヤの相性が良いのでその並びを作れる動きを常に考えながらプレイします。

火力に振らなくても一致高打点となりえるヘビーボンバー、カミツルギの早急処理を考えたかえんほうしゃテッカグヤで詰ませる場合の回復ソースとなりうるやどりぎのタネ、縛り解除のまもるで完結。

オッカのみの採用理由はウインディカミツルギみたいな並びに対してさも両縛りかのように見せて隣がまもりながら半減木の実で耐えてかえんほうしゃカミツルギの処理を行うため。

たべのこしテッカグヤも強いとは思いますが、弱点のポケモンが対面しても一度は確実に動いて勝ちに直結する強いアイテムだと思っているのでオッカのみの採用。

相手のウインディから受けるフレアドライブの火力で相手のアイテムがわかる点も強みだと思っています。

 

f:id:zeen34lan:20170510002253p:plainポリゴン2
れいとうビーム 10まんボルト じこさいせい トリックルーム 

しんかのきせき   ダウンロード

ひかえめ 191(244)-*-128(140)-143(36)-126(84)-81(4)

 ガブリアスに強くなければいけないのでれいとうビーム10まんボルトは相手のテッカグヤギャラドスゴルダックを意識した採用。
追い風ミラーを考えたポリゴン2の採用。基本選出で面倒なガブリアスギャラドスファイアローがいる場合や相手のPTがトリックルームに対して薄い、ポリゴン2への打点が薄そうな場合に選出します。

 

f:id:zeen34lan:20170510000324p:plainギガイアス
いわなだれ ストーンエッジ ワイドガード まもる イワZ すなおこし

ゆうかん 191(244)-205(252)-150-*-102(12)-27 (最遅個体)

 関東グロリアの時点ではポリゴン2ギガイアスの並びはあまり流行っていないように見受けられましたが上位陣がポリゴン2ギガイアスを使っていたことで流行ってしまいました。流行らせてしまったことについて怒られてしまいました.....
こいつの強さは説明不要だと思いますが一応説明。
全体技であるいわなだれ、イワZを打つ際一番火力を上げられる技であるストーンエッジ、こだわりメガネだとわかったカプ・レヒレに対してワイドガードを使用することで詰めることも可能。

ワイドガードのような有効に働けば試合が有利に進む技は評価しています。
イワZである理由は雪崩エッジと命中率が低い技を採用しているため絶対に攻撃を当てたい場合イワZを消費してでも攻撃を当てたかったり、カプ・コケコの早急処理のため。ガブリアスギガイアス同居選出もする場合がありますがZ技を誰に当てるというプランをあらかじめ立ててから安易に打たないことが重要です。

 
【選出や立ち回り】
基本選出
先発 プテラ ガブリアスカプ・テテフ テッカグヤ 
一番パワーがあり、対応力が高い選出だと思います。この選出ができる場合はほぼ勝てる試合だと思っています。

 

先発 ポリゴン2 カプ・テテフギガイアス テッカグヤ
主にガブリアスカプ・コケコスタンダードPT、おいかぜPT、ギガイアスが刺さっている相手に対して選出。相手としてはプテラガブリアスを意識した選出する場合が多いのでカプ・テテフで削ってトリルしてギガイアステッカグヤで制圧展開をします。
ポリゴン2カプ・テテフの並びに関してはポリゴン2の展開力とカプ・テテフの火力が絶妙にマッチしていてこのルールで強い先発だと思っています。

 

奇形選出
先発 プテラ ガブリアステッカグヤ ギガイアス
相手のカミツルギオニシズクモ+ポリゴン2PTに有効な選出。初手プテラガブリアスで追い風展開をするふりをしながら相手のポリゴン2のトリックルームを誘い、こちらのギガイアスで制圧する展開。つるぎのまいを行ったガブリアスを一旦引くことで有利な展開になる場合もあるのでその点を意識して立ち回りましょう。

 

先発 ギガイアス テッカグヤカプ・テテフ ガブリアス
相手の選出を予想した際初手にカプ・テテフが出てくる場合に大きくアドバンテージが取れる選出です。

 

先発 カプ・テテフ ガブリアス+@

火力+火力の超高圧的選出

相手のライチュウカプ・コケコに対して主に選出、@の枠はポリゴン2ギガイアスギガイアステッカグヤが多かったと思います。
この選出が刺さっている場合も多いので選出する際は視野に入れましょう。

 

先発 カプ・テテフ テッカグヤプテラ @1

主にカプ・テテフ入りに対して選出する場合が多い。テッカグヤが初手に出ているので相手のガブリアスのジメンZを誘いやすく、カプ・テテフ方向からプテラを合わせることで有利になる場合が多いです。

 

 

このPTをJCSで使わなかった理由

ばれすぎてて勝てなさそう、カプ・テテフ+フワライド+カビゴンに対して有利と言えない、ミミッキュがめんどくさい辺りですかね。

 

このPTの実績 

関東リージョナル ベスト8 関東グロリア 予選7-0  3位 

WCSレート最高2052 

VGC2017キャラランク 

可愛いポケモンキャラランクを書くクソ記事なのでプラウザバック推奨

 

SSSSS カプ・テテフ

 

SS ピカチュウ  エルフーン

 

S テッカグヤ 

 

A  ウインディ 

 

B  ミミッキュ

 

C  フェローチェ 

 

D バルジーナ

 

下のランクから解説 

D   バルジーナ....こいつ♀なのにかわいい要素がないし一生バークアウト打ってろや

 

C フェローチェ....容姿はいいのに残念系な人っているでしょ、それです。

 

B ミミッキュ...コテンって音は良い

 

A ウインディ....もふれる

 

S テッカグヤ...2次創作絵のテッカグヤはかなり美化されてるけど実際は

 

SS エルフーン....ウソ泣き打ってる時は可愛い。 

 

ピカチュウ....可愛い顔してめざ氷でガブリアスをワンパンするときが多分一番ピカチュウ使ってて楽しいと思う。

 

SSSSS カプ・テテフ

f:id:zeen34lan:20170307214734p:plain

 

髪形が良い、エスパーZ打つ時の目瞑るカプ・テテフほんまええ。

 

投げダッシュ蹴り輪唱滅び

Persian-Alola @ Darkinium Z
Ability: Fur Coat
Level: 50
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 Spe
Jolly Nature
- Fake Out
- Taunt
- Parting Shot
- Hypnosis

Snorlax @ Figy Berry
Ability: Gluttony
Level: 50
EVs: 244 HP / 8 Atk / 252 Def / 4 SpD
Brave Nature
IVs: 0 Spe
- Recycle
- Curse
- Body Slam
- Crunch

Tapu Koko @ Focus Sash
Ability: Electric Surge
Level: 50
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 Spe
Jolly Nature
- Sky Drop
- Protect
- Light Screen
- Reflect

Pheromosa @ King's Rock
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe
Lonely Nature
- High Jump Kick
- U-turn
- Fling
- Round

Porygon-Z @ Normalium Z
Ability: Adaptability
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Hyper Beam
- Protect
- Round
- Ice Beam

Marowak-Alola @ Sitrus Berry
Ability: Lightning Rod
Level: 50
EVs: 252 HP / 4 Def / 252 SpD
Sassy Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Detect
- Perish Song
- Will-O-Wisp
- Round

 

 

 

投げてダッシュして蹴って滅びするPTです。

 

爆速showdown 0-3の後輪唱をアシレーヌに耐えられてしまったので解雇。

基本選出はフェローチェポリZガラガラペルシアンです。

 

参考にしたブログ

【WCSレート】キュウコンポリZフェローチェ - かもメモ

 

イッシュファイナル 使用構築

d.hatena.ne.jp

ファイアローサザンドラヒードランの持ち物をひのたまプレート、ユキノオーの持ち物を玉、サマヨールの瓦割を挑発(壁構築が少ないと予想)にして使用しました。

 

サザンドラより格闘の一貫を切れて早いモンスターが求められていました。

サマヨールをプレッシャーで登録して結構なえました。

 

最高レート1780くらい 

 

アニメ見ながら適当にやっていたせいで爪ランドロスにトリル下で地震打たれて負けてその後パワー系統持ちのガブリアスにトリル下で地震を打たれて負けました。

初めてのトリプルはまあまあ面白いという結果で終わりました。

WCS2016使用構築 Loto6

f:id:zeen34lan:20160826114328j:plain俺たちが信じたLOTO6

 

 

 

f:id:zeen34lan:20160826114852j:plain

BIG6

 

 

 

 

<構築の成り行き> 

 

ガルーラ+ファイアローグラードンの展開性能、火力性能を軸に構築を決めた。

 

トリックルームPTに対して強いポケモンが必要だったのでドーブル

 

伝説枠はガルーラを炎技から守るためにゲンシカイオーガをチョイス、レックオーガに強めなポケモンが欲しかったのでボルトロスを使用したPTを使いました。

 

ただ、この6匹だとゼルネアスに薄すぎる(特にマンダゼルネ+ドーブルみたいな選出がきつい)、カイオーガがすぐに削られてグラードンに制圧される場合が多すぎるためカイオーガを変更しようと考えた。

 

カイオーガの代わりになり、ガルーラグラードンファイアローに強いボーマンダに対して強く、ゼルネアスに隙を見せない枠としてゼルネアスに変更した所謂BIGTを使用していました。

 

BIGTではレックオーガに対しての勝率は良いが、ゼルネアス入りに対して落としがち、相手のガルグラ選出に対してこちらもガルグラ選出で対処しないといけなく、50%の試合を迫られることになる、ボルトロスがミラーに対して有効ではないためボルトロスボーマンダに変更して所謂Big6の形になった。

 

 

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ガルーラ ねこだまし グロウパンチ やつあたり かみくだく メガ石
pic0 ようき AS252 D4 なつきど0 きもったま
 
ドーブル ダークホール へんしん おいかぜ キングシールド メンタルハーブ
pic1 ずぶとい HB252 D4 S実数値84 なつきど0 めざめるパワー炎(氷推奨)個体 ムラっけ
 
ボーマンダ ハイパーボイス すてみタックル おいかぜ まもる メガ石
pic2 せっかち 173(20)-172(52)-135(0)-162(172)-112(12)-189(252) いかく
 
グラードン ふんか だいちのちから でんじは まもる 紅色の珠
pic3 おくびょう CS252 D4   
 
ファイアロー ブレイブバード ちょうはつ おいかぜ まもる 命の珠
pic4 いじっぱり 157(28)-143(228)-92(4)-x-98(68)-169(180)  はやてのつばさ
 
ゼルネアス マジカルシャイン ムーンフォース ジオコントロール まもる パワフルハーブ
pic5 ひかえめ 233(252)-x-120(36)-170(28)-132(108)-130(84)  
 

 

 

f:id:zeen34lan:20160825231705p:plainメガガルーラ きもったま

180-177(252)-120-X-121(4)-167(252) 陽気

ねこだまし/グロウパンチ/やつあたり/かみくだく

 

カイオーガを使っていた時はかみくだくがまもるだったが、ドータクン入りに対して安定しなかったためかみくだくに変更した。

 

副産物としてゲンガーへ打点を持てるようになった。

 

A1UPかみくだく+2回シャインで大抵のドータクンが倒せることを意識して立ち回る。

 

けたぐりを耐える配分もあるが、グロウパンチを積まないでやつあたりを打つ試合が多い、耐久に振ったガルーラの素の火力の弱さに不便を感じていたのでAS。

 

f:id:zeen34lan:20160826000617p:plainドーブル ムラっけ

162(252)-X-95(252)-X-66(4)-84 図太い 

A252 A補正 ファイアローの珠ブレバ耐え

A252  A補正 ゲンシグラードンの断崖の剣 ダブルダメ耐え

-1 A252 無補正  親子愛 ガルーラの捨て身タックル耐え

C176(めざ水個体)ボルトロス10まんボルト耐え

 

ダークホール/へんしん/おいかぜ/キングシールド@メンタルハーブ

 

トリックルームを打った後にゲンシグラードンカイオーガに上を取りダークホールを打つためにS84。

 

追い風下、ムラっ気でSが上昇した場合、ゼルネアス、ガルーラを抜きたい試合が多かったので84という数値にした。

 

変身はトリックルーム下のドータクンカイオーガ対面で変身+噴火を打つために採用。

 

ガルーラ+ドーブルからグロウパンチ変身展開や、ジオコンゼルネ+変身、相手の麻痺したゼルネアスに変身することもします。

 

おいかぜは相手のクロバット入りにイージーウィンするため、裏からドーブルを出す際、相手としては猫だまし+動かす場合をケアして両守るする場合があるのでそれを読んで追い風を展開するのが強いので採用。

 

ファイアローがミラーを重視した構成にしたかったためよこどり、フレアドライブの両方を切らざるを得なかったのでドーブルクロバット耐性を任せることしたのでメンタルハーブ+おいかぜで見ることに。

 

ガルーラドーブルという選出が猫だまし+ダークホールをケアして両守るを誘いやすいので猫だまし+追い風が比較的決まりやすく、次ターンからダークホールグロウパンチを上から打つことができます。

 

キングシールドは単に守る技が欲しいと思ったので採用。

 

1試合目に見せてしまえば相手が警戒して後手後手の動きを強いることができる点が強いと思った

 

ムラっ気で落とす試合(例としてトリックルーム下でSをあげたり追い風下でSを下げたり)よりムラっ気で取れた試合の方が多いと感じたのでムラっ気で採用。

 

特性の選択は本来の役割を遂行するためにマイペースの方が良いのではないかと迷いました。

 

f:id:zeen34lan:20160826002935p:plainボーマンダ いかく

173(20)-172(52)-135(0)-162(172)-112(12)-189(252) せっかち

 

HB252 B補正 ドーブルすてみタックルで確定1発

C252  補正無し ボルトロスのめざめるパワー氷を確定耐え

C252 補正無し ゼルネアスのフェアリーオーラマジカルシャインを最高乱数以外耐え

 

ハイパーボイス/すてみタックル/おいかぜ/まもる

 

ガルーラグラードンという選出に対してどうしても出し負けるのでボーマンダを採用。

 

ボーマンダの採用によりミラーではまもるガルーラを選出していたが、ボーマンダを選出することに変更しガルーラのまもるを切ることができたのでこの選択は間違えではなかった。

 

ミラーとレックウザ以外に対してはあまり出さないのでミラーを考えた配分。

 

まもる+でんじはを打つ場面があるのでまもるは切れませんでした。

 

おいかぜはファイアロークロバットに切り返すため、おいかぜからのグラードンの上から噴火が強いと思ったので採用。

 

A振り配分は襷を持ってないドーブルだとマッチで分かったとき、確実に倒しに行きたいのでAに振った。

 

ガルーラファイアローグラードンへの耐性、電磁波挑発+ボーマンダの相性がかなり俺好みでした。

 

 

f:id:zeen34lan:20160826004713p:plainグラード  おわりのだいち

175-X-180-202(252)-111(4)-156(252) おくびょう

ふんか/だいちのちから/でんじは/まもる

 

噴火のイージー性能 Bの高さ、フェアリー耐性、電磁波に干渉されない点から採用。

 

電磁波はジオコンゼルネアスに対して遅れをとられないように、HPが削れた場合電磁波の方が有効である場面や、ボーマンダレックウザ辺りに打って上から殴られないようにして起点を作るために採用。

 

副産物として相手のドータクンカイオーガ(雨状態)VSグラードンゼルネアス対面で相手が守る+トリックルーム安定場面でこちらが電磁波を味方のゼルネアスに打ってジオコントロールを打ちトリックルーム下で相手のカイオーガを縛ったり、ドータクンのジャイロボールダメージを軽減(A振ってないと3割位しか減らない)したりできます。

 

このムーブが調整中に発見されてこのムーブを味方に打つなんて想定出来ない奇怪なプレイングから「ガイジジオコン」と名づけることにしました。

 

麻痺ったらまあまあ萎えます。

 

メガガルーラでも同様なムーブが可能です。

 

f:id:zeen34lan:20160826010022p:plainファイアロー  はやてのつばさ

157(28)-143(228)-92(4)-x-98(68)-169(180) いじっぱり 

 

c252 無補正 ゼルネアスのフェアリーオーラ +2ムーンフォースを確定耐え

追い風下s84ドーブル抜き

A177メガガルーラの親子愛グロウパンチ+珠ブレイブバードで 180-120メガガルーラを確定1発

 

ブレイブバード/ちょうはつ/おいかぜ/まもる @命の珠

 

ゼルネアスに強い枠、追い風からのグラードンガルーラのイージー性能を評価して採用。

 

挑発はゼルネアスドータクンに対して打つ技、1度見せてしまえば先発からゼルネアスドータクンが出しにくくなるためマッチで有効な技だと考えて採用。

 

Sはゼルネアスの上から挑発を打ちたい、相手のメガガルーラに不意打ちを打たれる前にブレイブバードを打ちたい、相手のS84に設定したドーブルがムラっ気でSを挙げられた場合抜かれると腹が立つのでS169に設定。

 

ゼルネアスに挑発を打った後にこちらのゼルネアスが一方的に積める盤面ができるのでとても強かった。

 

守るはファイアローを切りたくない場面や、相手の追い風ターンをずらすため、ファイアローへの集中を読んで打つ技、特に相手の猫+ドーブルに対してグラアローと出した場合両守るが安定するため採用。

 

f:id:zeen34lan:20160826012735p:plainゼルネアス フェアリーオーラ

233(252)-x-120(36)-170(28)-132(108)-130(84) ひかえめ

 

A252 無補正 鉢巻レックウザガリョウテンセイを確定耐え

C252 無補正 +2 フェアリーオーラムーンフォースを確定耐え

 

ミラーを意識した配分 Sは調整段階ではCをあげてS127まで抑えていたが、ミラーが発生した場合絶対に抜きたいのでSを130まで上げた。

 

基本的にファイアローグラードンで適度に削ったり追い風や電磁波を打ってから片方を縛りながら安全にジオコントロールを打つため耐久重視の配分。

 

構築では5番目に入った枠だが採用理由以上の働きをしてくれた(ジオコンしてないゼルネアスにムンフォ急所で先制技圏内に入るのほんまやめてくれな)

 

 

<雑感>

 

このルールは間違いなくゼルネアス、ガルーラ、グラードンファイアロードータクンドーブルボーマンダ辺りが強いルールだと考えていました。

 

結果としてはゲンガー+ドータクンカポエラーの組み合わせがTOPに入っていて少し違っていましたが、自分が信じて使い続けた構築は間違えではなかったと今でも思っています。

 

ただ、僕は日本一強だと信じて日本人さえメタれば絶対に勝てる。Showdownやレートで当たる外人のレベルからあまり重視しなくて良いと考えていました。

 

現地で見たwolfeのプレイングも構築も本当に素晴らしい、なんでお前去年優勝しなかったんだよと思うレベル。彼らは違うゲームをしているかのようで自分の弱さを実感しました。

 

来年は晒しBOT、140ROMみたいな不正が対策されるように、そんなことしてても世界には通用しないことに気が付いて欲しいです。

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 ガルガル猫に失敗し、こごえるかぜを避けることを祈るぼく

f:id:zeen34lan:20160826122653j:plain